アフィリエイトはクリックされやすいタイトル、長く滞在させられる記事作りが重要

サーチエンジンの順位決定方法というものは、1990年代後半は今よりもっと単純なものでした。

ネット上の存在するWebページの数も今よりごくわずかだったため、TITLEタグなどいくつかの順位決定要因を覚えていれば誰でも上位表示されることが可能だったほどです。

しかし、2000年代初頭からアフィリエイトに注目が集まり、10代からサラリーマンまで様々な人が副収入を稼ぐために、このアフィリエイトを始めると状況が変わってきました。

アフィリエイト収入とサーチエンジン順位は見事な相関関係があり、上位表示させることができた場合はその時点でアフィリエイト収入が入ってくることが約束されるからです。

そして、忙しい中で働くサラリーマンなどはアフィリエイトサイト作りに時間をかけられないため、なんらかのグレーなやり方で上位を狙い、最初のうちはそれがうまくいっていたといわれます。

しかし、2000年代半ばからサーチエンジン側のアフィリエイトサイト対策が本格化してくると、自動的または手動操作にて内容の薄いページばかりを作成しているサイトがドメインごと大幅順位降格していくようになりました。

さらに、googleの画期的な順位決定基準として「被リンク数」「被リンクの質」というものが新たに加味されるようになり、どこからも「役立つページ・サイト」としてリンクされないような中途半端な内容のページ・サイトも次々に順位を落として消えていきました。

そして、しばらくはそのやりかたにはgoogle側としてはうまくいっていました。

しかし、その後「リンクの売買」といったものにより、多少の資金力があれば有力サイトからのリンクをお金で買えてgoogleの順位決定方法に対応するサイトが作れるようになりました。

そのため、googleには近年さらに色々な順位決定要因が追加されるようになってきていると言われています。

その一つが「サイト・ページの滞在時間」というものです。

具体的には、もし内容の薄いサイトがリンクの売買によって高い順位が期待できるサイトを作ったとします。

しかし、内容が薄ければユーザの大半はすぐにサイトを離脱してしまい、それは価値の薄いサイトと推測する事ができます。

それに対し被リンク数が少なかったりサイト規模が小さくても、本当の価値の高い各ページで構成されていれば、各ページごとの滞在時間は上がりますし、ページを次々に巡回していくため1度アクセスした際のサイト全体の滞在時間も上がります。

そして、この方法は被リンクを基準にするより公平で正確なサイト価値判定基準になるため、googleは今後さらに滞在時間を重視するのではないかと言われています。

そのため、自分の専門分野に情報を絞り、ページ数をやたら増やすより少数精鋭でも価値あるページを一つずつ作って、サーチエンジンに対して価値の高さをアピールしていくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です