アフィリエイトで挫折しない方法 – アフィリエイトで挫折しまいそうな人へ

アフィリエイトは信じられないような大金を稼げる可能性がある一方で、非常に挫折しやすい副業です。

私もアフィリエイトを始めて2ヶ月ほどで挫折しかけたことがあるので、投げ出してしまう気持ちはよく分かります。

どうして挫折する例が多いのか、その理由の1つがアフィリエイトはすぐに結果が出ると思い込むことです。

アフィリエイトの情報商材の中は「すぐに稼げる」みたいな煽り文句で販売しているものも多いですが、真に受けてはいけません。

インターネットやサイトの作り方に詳しい、飲み込みの早さ、独自の視点、時間的な余裕、これらの要素が合わさってようやくアフィリエイトですぐに稼げるかもしれないといったレベルです。

時の運もあるので稼げるかどうかは確実ではなく、アフィリエイトの世界に飛び込む人の9割以上は恐らく稼げない期間の長さに悩まされます。

実際、アフィリエイトを始めてみたはいいものの、まるで稼げないので諦めてしまう人が後を絶ちません。

インターネット上には、そのような挫折した人が作ったサイトの残骸も多く見受けられます。

私も、アフィリエイトを始めてからまるで稼げない時期が続き、初心者向けとされている手法でチャレンジしたのに初報酬を手にしたのは8ヶ月後のことでした。

 

毎日、会社に行きつつ時間をかけて記事を作成して、休みの日も嫌々ながら記事を作成する、こんな時期が半年以上も続いたのです。

会社勤めは続けていたので金銭面での不安はありませんでしたが、毎日のように眠たくて本当に地獄のような日々でした。

アフィリエイトに使う時間があまりないなら、それこそ初報酬まで1年以上かかるケースもあります。

「大金を稼げるかも、会社を辞められるかも」みたいにやる気があっても、初報酬までそのやる気はまず間違いなく持続しません。

私も最初こそはやる気が溢れていましたが、アフィリエイトを始めて2ヶ月目から3ヶ月目くらいはほとんど死んだ魚のような目でパソコンに向かっていました。

作ったサイトにアクセスがない、アクセスがなければ貼った広告をクリックしてもらえない、このまま1円も稼げないのではないか、そんなことばっかり考えていたのをよく覚えています。

結局のところ、夢見ていたものとは違ってサイトへのアクセスが来ない、稼げないという理想と現実のギャップが挫折の主な原因です。

他に理由を挙げるとするなら、アフィリエイトをやらなくても誰からも責められないのも原因の1つです。

 

会社員が会社の業務をさぼったり、専業主婦の人が家事をさぼったりすれば注意を受けるものです。

注意をされるのが嫌で仕事をするなんてことも多いですが、アフィリエイトは作業をしなくても誰からも注意はされません。

アフィリエイトの塾に入っている、もしくはコンサルタントを受けているなら注意があるかもしれませんが、基本的には1人での孤独な作業が続きます。

仕事などで疲れているので今日は休む、気分転換に趣味に没頭する、そんな感じで作業を避ける癖が身について、最終的に行き着く先が挫折です。

もちろん、アフィリエイトの作業ばっかりするのはほぼ不可能ですし、私も現実逃避気味にスマホでアプリをやっていた記憶があります。

それでも、やるべき作業をやらなければ成功は遠ざかりますし、これが先に書いたような稼げない状態に繋がることも多いはずです。

あんまり自分に厳しいのも問題かもしれませんが、アフィリエイトで成功を目指すなら一定の厳しさは必要です。

自分に甘いとどうしても作業を避けたり先延ばししたりするので、ある程度は気分を引き締めないといけません。

正直なところ、アフィリエイトで成功するためにはノウハウよりも継続する力の方が遥かに重要な気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です