物販アフィリエイトは難しいが魅力的な手法

アフィリエイトの定番の手法が、物販アフィリエイトです。

自分のサイトやブログ、あるいはTwitterなどで商品を紹介し、それを見てくれた人が商品を購入してくれたら報酬が発生します。

しかし、物販アフィリエイトは定番ではあるものの初心者向けではなく、いきなり物販アフィリエイトから始めて挫折するケースも珍しくはありません。

どうして挫折が起こるか、それは何かを購入するというのはかなりハードルが高いからです。

Amazonなどのよく知られている通販サイトで何かを購入するのと、どこの誰が運営しているかも分からないサイトを経由して何かを購入するのは、全く別物と言っても過言ではありません。

だからこそ、商品の選び方やキャッチコピー、記事の作り方など様々なスキルが求められます。

広告をクリックしてもらえば報酬が発生する、クリック報酬型のアフィリエイトが初心者向けと呼ばれるのは何かを売り込む必要がないからです。

もちろん、クリック報酬型であっても表示される広告を意識して記事を書くテクニックはありますが、そのようなことをしなくてもアクセスさえ集めれば報酬はどんどん発生します。

しかし、物販アフィリエイトはアクセスを集めるだけでは全く報酬は発生せず、訪れてくれた人の購入意欲をうまく刺激しなければいけません。

こう書くと物販アフィリエイトはクリック報酬型と比べるとデメリットが大きいように感じられるかもしれませんが、大きな魅力があります。

それは報酬額で、広告主とアフィリエイターを繋いでいるASP経由で紹介する商品を扱った場合、うまくはまれば100万円以上の収入も期待できるのです。

 

難しいがスキルアップに繋がる

クリック報酬型のアフィリエイトだと月に100万円を得るためには、サイトのPVは最低でも月100万くらいが必要で、これは相当に厳しい数字です。

インターネット界隈で一目置かれるようなメディアを作らないとなかなか達成できない数字で、クリック報酬型は最初のハードルこそ低いものの成長させるのはなかなか難しい一面があります。

それに対して物販アフィリエイトの場合、PVがもっと低くてもサイトの作りがしっかりしていれば、月100万円の報酬を突破することもあるのです。

一般的なセオリーはアクセスを集めることですが、集客に力を入れずに訪れてくれた少数のお客さんにうまく購入してもらう手法もあり、物販アフィリエイトではアクセスが全てではありません。

手法も多様化してくるので稼ぐのは難しいですが、やり甲斐が感じられる分野かもしれません。

 

私が30歳の頃に始めたアフィリエイトは、先に書いたクリック報酬型のGoogleアドセンスでした。

広告をクリックしてもらうだけというお手軽さは非常にありがたく、もし物販アフィリエイトなら初めて報酬を得るまでにどれだけ時間がかかったか分かりません。

下手をしたら1年以上も無収入の期間が続いたのではないかとも思いますが、一方で物販アフィリエイトから始めればよかったと感じる時もあるのです。

クリック報酬型はアクセスを集めることが最優先なので、その辺りのスキルは身につきますが、何かを売り込むためのスキルはあまり身につきません。

物販アフィリエイトは集客もキャッチコピーなどの売り込みのスキルも求められるので、そちらから始めればアフィリエイトに必要な様々なことをバランスよく学べるのは事実です。

私は、クリック報酬型のアフィリエイトで一定の結果を出してから物販アフィリエイトに取り掛かりましたが、まだそこそこの結果しか出せていません。

これからアフィリエイトを始めるなら、ハードルはやや高いものの物販アフィリエイトから始める選択肢もあります。

物販アフィリエイトで安定して稼げるなら、アフィリエイターとしてずっとやっていけるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です