アフィリエイトで無料にこだわることのリスク

なるべくリスクを背負いたくない、普通に生きていればこのように考えるのは当然です。

私は30代でまだ賃貸マンションに暮らしていますが、お金さえあればマンションをキャッシュで購入します。

好き好んでローンを組みたいと思わないのは当然ですが、アフィリエイトでもなるべくリスクを背負いたくないと感じて行動する人が多く、これは必ずしもいいことではありません。

収入が上がらず節約志向の世の中ですから無駄遣いをしないのは理にかなっていますが、アフィリエイトを始めるにはお金は多少は必要です。

まず、インターネットで調べられる情報のみでアフィリエイトを始めるのはかなり無謀です。

一応、独学でも稼げないことはないとは思いますが、成功までにかかる時間は相当なものですし、下手をしたら全く稼げない恐れも十分にあります。

アフィリエイトの指針を与えてくれる情報商材の中には怪しいものも多いですが、それでも信頼できる情報商材を見つけてお金を出すことが稼ぐための第一歩です。

情報商材は安いものでも1万円くらい、塾のような形式のものなら10万円を超えるものもあるので決して安い買い物ではありませんが、ここでお金をケチってしまえばアフィリエイトで稼ぐのは困難です。

本当に情報商材を購入するお金もないようであればアフィリエイトをやっている場合ではないですし、お金があるなら購入しないのは悪手としか言いようがありません。

 

サイト運営は無料か有料か

さて、アフィリエイトの指針を見つけて新たな一歩を踏み出す場合、自前のメディアを無料ブログで作るか、有料のレンタルサーバーを借りるかは1つのポイントです。

どちらが適しているかは手法によっても変わりますが、基本的には有料のレンタルサーバーを借り、そちらにサイトを作り上げるのが基本です。

どうして無料ブログでは駄目なのか、それは不安要素が多いからであり、ブログサービスを提供している会社による凍結などが代表的な不安要素として挙げられます。

もちろん、普通にブログを運営している限りは凍結されることなどまずあり得ませんが、それでもゼロではありません。

また、無料ブログは最初から広告が表示されているなどアフィリエイトに向いていないサービスも多く、自由にカスタマイズするのもなかなか困難です。

レンタルサーバーを借りて一から作り上げる場合、明らかに法律的に違反しているような使い方をしない限りは安全ですから、安心して運営できます。

もちろん、勝手に広告が表示されることもありませんので、自分の好きなようにサイトを運営可能です。

 

また、2016年にはクリック報酬型アフィリエイトの代表的なサービス、Googleアドセンスに大きな変化がありました。

Googleアドセンスは自分のサイトを審査に出し、審査に通ったら広告を利用できるという仕組みだったのですが、この審査で無料ブログが弾かれるようになりました。

初心者向けのGoogleアドセンスを推奨する情報商材も多いのですが、無料ブログではそもそも審査には通りません。

この辺りは、Googleアドセンスを扱う情報商材なら当然のように記載されているはずですが、ともかく無料ブログでのアフィリエイトは厳しくなると私は思っています。

レンタルサーバーを借りるなら月々の支払いが発生するので、なるべくお金をかけたくない人からすれば拒否感があるかもしれませんが、これも必要経費と割り切らないといけません。

自前のサイトを作る場合は設定が難しいという難点もあるのですが、それでも私としてはレンタルサーバーを借りて有料でサイトを運営することをおすすめします。

情報商材を買い漁るなどの無駄遣いは避けなければいけませんが、アフィリエイトで成功するためにはある程度の投資は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です